OKINAWA\ゴーヤーパーク

 

こだわり

原料へのこだわり沖縄産ゴーヤー100%のハイサイ!ゴーヤー茶

ゴーヤー茶

沖縄ブームで全国で栽培されるようになったゴーヤー。
ゴーヤーパークでは、地元名護市をはじめ、沖縄県内全域から夏に収穫されたゴーヤーを加工しております。なぜなら、紫外線の強い沖縄の太陽をいっぱい浴びた夏のゴーヤーは、抗酸化作用が高く栄養が豊富なのです。

顔の見える農家農家とのネットワーク

ゴーヤー茶

沖縄県産の原料にこだわったゴーヤー茶ですが、沖縄県産であれば良いというわけではありません。
顔の見える、ゴーヤー栽培の職人農家が丹精込めて作ったゴーヤーだけを使用した、信頼と自信ある素材でハイサイ!ゴーヤー茶はできています。

厳しい出荷基準よりよい品質を求めて

ゴーヤー茶

こだわって作ったゴーヤーが全てハイサイ!ゴーヤー茶になるというわけではありません。
ゴーヤーの鮮度と栄養にこだわり、夏の早朝収穫されたゴーヤーだけがゴーヤー茶としての基準を満たすのです。
さらに、洗浄後に一本一本品質検査を行い、合格して初めてハイサイ!ゴーヤー茶として生まれ変われるのです。

特許製法こだわりの焙煎職人による製造

ゴーヤー茶

厳選されたゴーヤーは、種まで丸ごとカットされます。カットしたゴーヤーは、3回の乾燥を繰りかえします。
乾燥機は、ハイサイ!ゴーヤー茶をつくるためだけに開発された大型乾燥機でゴーヤーの栄養成分を逃さないための工夫と特許技術が駆使されています。
乾燥させたゴーヤーは、空気に触れないようアルミ袋で保管され、夏でも常温以下の状態で保管されます。
ゴーヤーがハイサイ!ゴーヤー茶に生まれ変わるために一番重要なのは、職人の焙煎技術です。
焙煎は、その日の天候・気温・湿度・乾燥したゴーヤーの状態によって火入れを調整します。
ハイサイ!ゴーヤー茶が誕生して25年。その間で培われた職人の技術は、他では、絶対まねのできない匠の技術です。